お役立ちブログ

blog

単管足場と枠組足場の大きな違いは?騒音が少ないのはどっち

2024年01月09日

建築工事やメンテナンス作業において、足場は欠かせません。
足場は安全な作業環境を提供し、高所からの作業を可能にします。
しかし、足場の種類にはさまざまな選択肢があり、その中でも代表的なのが単管足場と枠組足場です。

この記事では、それぞれの足場の違いについて詳しく説明します。どちらが騒音が少ないのかについても検討してみましょう。

単管足場と枠組足場の大きな違いは?騒音が少ないのはどっち

単管足場と枠組足場とは

足場にはさまざまな種類がありますが、その中でも単管足場と枠組足場はよく使用されるタイプです。
それぞれの定義と特徴について見てみましょう。

単管足場とは

単管足場は、直径48.6mmの単管と呼ばれる鉄パイプを使用して組み立てる足場のタイプです。
この単管パイプはクランプや接続部品を使用して組み合わせ、必要な高さや形状に合わせて設置されます。

柔軟性が高く、狭い場所でも使用することが可能です。
主に低層の外壁塗装やメンテナンス作業に適しています。

枠組足場とは

枠組足場は、鉄の枠組みやフレームを使用して建設される足場です。
枠組足場は主に建物の外壁に沿って設置され、安定性と耐久性が高い特徴があります。
一般的に、枠組足場は建築工事や大規模なメンテナンス作業に使用されます。

単管足場と枠組足場の大きな違いは何?

単管足場と枠組足場の大きな違いは何でしょうか?以下に、それぞれの違いを見ていきましょう。

構造と組み立て方法の違い

単管足場

単管パイプをクランプや接続部品で組み合わせて作られます。
組み立ては比較的簡単で、必要な高さや形状に合わせて調整できます。

枠組足場

鉄の枠組みやフレームを使用して構築されます。
組み立てには一定の技術と時間が必要で、より安定性が高い構造となります。

使用用途の違い

単管足場

主に低層の建物や外壁塗装、簡易なメンテナンス作業に使用されます。
柔軟性が高く、狭い場所でも設置が可能です。

枠組足場

主に建築工事や大規模なメンテナンス作業に適しています。
その耐久性と安定性から、高層建築物や建築現場で一般的に使用されます。

設置スペースの要件

単管足場

スペースを取らず、狭い場所でも設置できます。
省スペースタイプの足場として利用されます。

枠組足場

組み立てに広いスペースが必要であり、狭い場所での設置には向かない場合があります。

単管足場と枠組足場、どちらがうるさい?

足場作業が行われる場所では、騒音が気になることがあります。
では、単管足場と枠組足場、どちらがうるさいのでしょうか?

単管足場は、鉄パイプを組み合わせる構造を持っており、組み立てや解体の際に金属同士が接触するため、一定の騒音が発生します。
しかし、騒音レベルは比較的低い傾向があります。
狭い場所での設置に向いており、近隣への騒音の影響を最小限に抑えることができます。

一方、枠組足場は安定性と耐久性が高いため、大規模な建設現場で利用されますが、組み立てに時間がかかり、金属フレーム同士の接触音が発生します。
そのため、枠組足場の騒音レベルは一般的に単管足場よりも高いと言えます。
建設現場では、騒音対策が必要となることがあります。

それぞれのメリットとデメリット

単管足場と枠組足場にはそれぞれメリットとデメリットがあります。
建設プロジェクトの要件や条件に応じて、適切な足場を選択することが重要です。
それぞれのメリットとデメリットをまとめてみましょう。

メリット

単管足場のメリット

柔軟性が高く、必要な形状に合わせて設置できる。

狭い場所でも設置可能で、省スペースタイプの足場として適している。

騒音レベルが比較的低く、近隣への影響が少ない。

枠組足場のメリット

安定性と耐久性が高く、大規模な建設現場や高層建築物に適している。

長期間の使用に耐えることができ、長期プロジェクトに向いている。

作業スペースを確保しやすく、作業効率が向上する。

デメリット

単管足場のデメリット

騒音が発生するが、一般的には比較的低いレベル。

高層建築物や大規模なプロジェクトには向かない。

長期間の使用には適していない。

枠組足場のデメリット

組み立てに時間がかかり、設置に広いスペースが必要。

騒音レベルが一般的に高く、近隣への影響がある。

コストが高くなることがある。

単管足場と枠組足場は適材適所

単管足場と枠組足場は、それぞれの特性に応じて異なる建設プロジェクトに適しています。
単管足場は柔軟性と低騒音が魅力で、狭い場所や低層建物の外壁塗装に最適です。

一方、枠組足場は安定性と耐久性が高く、大規模な建設現場や高層建築物で重要な役割を果たします。

吉池建設では、枠組足場を選択し、騒音が少なく、安全かつ効率的な作業環境を利用しています。
足場の選択においては、プロジェクトの性質、作業場所、予算、スケジュールなどを考慮し、最適な選択を行いましょう。

吉池建設では、チームワークを大切にし、安全第一の原則のもと、建築物や構造物の解体に携わるプロフェッショナルを募集しています。
技術力と経験を活かし、挑戦を惜しまない仲間たちと共に成長しませんか?

株式会社吉池建設では解体足場や改修・修繕足場を中心に、解体工事を展開足場工事や解体工事を展開しています。
一緒に働く仲間を募集しているので、お気軽にご連絡ください。

埼玉県川口市の株式会社吉池建設の求人はこちら

お問い合わせ

CONTACT

お仕事・採用についてはこちらから
お問い合わせください。